読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコクのワット・ポー

f:id:fromnagoya:20170424225734j:image

やって来ました!ワット・ポー。

なんとタイ人は無料で入れます。

京都で寺に友達連れて行くたびに入場料払っていたけど、毎度毎度払うの本当嫌だった。

住んでる人も払うあれ、やめたほうがいいよね、と友人。

f:id:fromnagoya:20170424225937j:image

ワット・ポーと川を挟んで向かいのワット・アルンはいろんな意味で競いあっているそう。

両方見たかったけど、買い物に時間を費やしすぎたので断念。

f:id:fromnagoya:20170424230116j:imagef:id:fromnagoya:20170424230131j:image

タイの人はみんな、自分が何曜日に生まれたかを知っていて、その日の色も分かっています。

曜日ごとに仏様もいるのだ。

ワット・ポーに、その仏様が並んでいて、希望者は水をかけて回れます。

f:id:fromnagoya:20170424230312j:image

あと、ワット・ポーにはヨガのポーズのような仏像が沢山あって、

それもあって、タイマッサージ総本山の学校があるんです。

ストレッチなご利益ありそうだもんね。

f:id:fromnagoya:20170424230454j:image

有名な寝ている大仏様。

私の生まれた火曜日の仏像様だよ。

猫もいた。

f:id:fromnagoya:20170424230538j:imagef:id:fromnagoya:20170424230548j:image

そして、人気の少ないエリアには、こうした砂のモニュメントが沢山ありました。

一緒にこの砂のモニュメントを作った人たちは、来世でも再び出会って、同じ時間を過ごせると言われているんだって。

輪廻転生、ロマンチックだ。

f:id:fromnagoya:20170424230752j:imagef:id:fromnagoya:20170424230806j:image

いるだけで落ち着く。

f:id:fromnagoya:20170424230845j:image

f:id:fromnagoya:20170424230910j:image